Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

災害時に子どもを守るために備えた方がいいもの

スポンサーリンク

今までに日本では様々な災害がありましたね。
私も東日本大震災ではとても怖い思いをしました。

今回は子どもがいる家庭の災害対策について、みけママが実際に備えているものやオススメの災害グッズ等をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

▼子どもがいる家庭で災害時に備えておいた方がいいもの

突然やってくる災害、どのようなことを想定して、最低限どのようなものを備えておいた方がいいのでしょうか?

防災グッズは避難所で避難生活を行った場合、
援助が来るまでの間の分として、最低でも3日分のグッズが必要です。

あくまでも、最低3日間で、必ずしも欲しいものがすぐに手に入るわけではないので、
なるべく多く準備しておく方が良いでしょう。

外出先での被災に備えて常備しておきたい防災グッズといえば?

外出するたびに防災グッズを持ち歩くわけにはいきませんよね。しかし地震はいつどこで起こるかはわかりません。日々の外出時に常に持ち歩きたいものが3つあります。

スーパーレジ袋

ホイッスル

母子手帳

1.スーパーのレジ袋

スーパーのレジ袋は赤ちゃんや小さい子供のおむつカバーとして使うことができます。災害時トイレ、おむつにとても困りますよね。外出先からなかなか避難所や自宅まで行けず困ったときにとても便利です。

2.ホイッスル

赤ちゃんや子供とともに外出先でどこかに閉じ込められてしまったときに役立つホイッスル!自分の居場所を伝えることができるのでとても大切です。必ず常備しておきましょう。

3.母子手帳

母子手帳は防災グッズに入れてしまうと生活の中で使う時不便ですので、日々ママのバッグの中に入れておきましょう。

出典:https://mamari.jp/4108

スポンサーリンク

▼子どもがいる家庭で備えているもの

実際にみけママが子どもを守るために、家に備えているものをご紹介します。

・子どもたちのレトルト×3日分
・ミルク
・水
・カセットコンロ

子どもたちにご飯をあげられないと困ってしまうので、必ずベビーフードやレトルトなどは常備しておくようにしています。
またまだ下の子がミルクを飲んでいるので、お湯を沸かせるようにカセットコンロを用意しています。

「私は母乳だから大丈夫!」

と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、災害によるストレスで母乳がとまってしまうということもあるそうです。
ですので、念のための用意として検討された方がいいかもしれません。

あと紙オムツも常にストックはしています。

またこちらのような防災グッズも用意して、緊急時に対応できるようにしています。

このようなセットが一式あると、万が一の時に少し心に余裕ができるのではと思います。

▼まとめ

最近は本当に災害が多く、いつ自分自身も災害にあうかわかりません。
子どもたちを守るためにも、災害用グッズは揃えておきたいですね。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いいたします。

 

コメント

この記事を書いた人

体外受精を経て、娘と息子を年子で出産。
育休を早々に切り上げフルタイムで奮闘するも会社の在り方に絶望し「うつ」に。
半年の休職期間を経て、転職に成功!
フルタイムで自由に営業やれて楽しい!と思いきや、とんでもねぇクソ会社だった!
また転職活動やってます。。。

三田をフォローする