Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

年子ママが実践する子どもの肌荒れの原因と対策

スポンサーリンク

これから乾燥する季節になってきますが、その際に気になるのが、乾燥による子どもの肌荒れだと思います。

子どもの繊細な肌を守るために、何ができるのか、今回まとめてみました。

スポンサーリンク

▼どうして子どもの肌は乾燥しやすいのか?乾燥の原因は?

お子さんにもよるかとは思いますが、肌が乾燥しやすいお子さんって多いですよね。
なぜ子ども肌が乾燥しやすいのでしょうか。

「冬は特に空気が乾燥します。大人でもお肌の乾燥を感じるのですから、大人よりも皮膚の薄い子どものお肌はどうしても乾燥しやすいのです。」

大人でも皮膚の厚さはラップ1枚分と言われますが、赤ちゃんの場合はその半分の薄さしかないのだそう。さらに、子どもの肌表面の皮脂量はほとんどゼロに近くなり、角質層にある水分量やセラミドなどの保湿物質の量も大人に比べ大分少なく、特に乾燥しやすい状況にあるのです。

出典元:https://iko-yo.net/articles/933

皮膚の厚さが大人の半分ほど、ラップよりも薄いとなりますと、子どもの肌は相当繊細だということがわかりますね。

▼年子ママが実践する子どもの肌の乾燥対策

上記で子どもの肌が繊細だと言うことはわかりましたが、その繊細な肌を守るにはどうしたらいいのでしょうか。

→身体や頭を洗いすぎない

遊んで汚れたり、汗をかいたりしたために、毎日石けんやボディソープを使って身体を念入りに洗ってあげている、パパママも多いのではと思います。

ですが、洗いすぎると逆に皮膚が不足してしまい、乾燥肌を招く原因にもなります。

秋や冬といったこれからの時期は汚れや汗がそれほどでなければ、石けんやボディソープを使わずに洗ってあげると良いでしょう。

また石けんやボディソープを使用する際には、必ずよくあわだてて、優しく洗ってあげることと、石鹸の種類は、皮脂をとりすぎず、適度なうるおいを残すものがおすすめです。

→保湿ローションを使って保湿する。

上記で子どもの肌はラップよりも薄いことがわかりました。
ですので、保湿ローションをつかって、しっかりを肌を保護してあげることが大切です。

その際にみけママのオススメの、子ども向けの保湿ローションはこちらです。
ミルクローション

こちらの商品は楽天・AMAZONでも販売実績№1の、ベビー向けの保湿ローションになります。
ママ向け雑誌でも度々とりあげられているほどの、人気の商品です。

ホホバオイルとシアバターが配合されているので、赤ちゃんの肌をしっとりとさせ、
また乾燥からも守ってくれます。
これからの時期パパママが一緒に使っても、良いと思います。

▼まとめ

子どもの肌は繊細で乾燥しやすいですが、しっかりと対策をしてあげることで、守ってあげることができますので、今回ご紹介した方法を実践してみてください。

にほんブログ村 子育てブログへ
クリックお願いします!にほんブログ村

育児ブログランキングに参加中です。
応援をよろしくお願い致します!

 

コメント

この記事を書いた人

体外受精を経て、娘と息子を年子で出産。
育休を早々に切り上げフルタイムで奮闘するも会社の在り方に絶望し「うつ」に。
半年の休職期間を経て、転職に成功!
フルタイムで自由に営業やれて楽しい!と思いきや、とんでもねぇクソ会社だった!
また転職活動やってます。。。

三田をフォローする