Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【出産】性別がわかる数週と見分け方、一姫二太郎ママの実体験

スポンサーリンク

妊娠すると多くの方が気になるのが、お腹の子の性別だと思います。
みけママは不妊治療をしてやっとの思いで、子どもを授かったと言うこともありますが、どちらの性別が生まれてきても良いと思っていました。
ですが、名前も決めたいし、グッズも買いたいし、知れるなら早めに知りたい!と思っていました。

性別がわかるのは妊娠何周になるのでしょうか?
女の子と男の子のママでもある、みけママの実体験とともに、まとめさせて頂きました。

スポンサーリンク

▼一姫二太郎ママの実体験!性別がわかる数週

一般的に性別がわかる数週は何週くらいなのでしょうか。

赤ちゃんの性別は、産婦人科の検診でおこなわれる
エコー検査(超音波検査)によって知ることができます。

妊娠11週目頃には、男女の性器の区別がはっきりしてくるとはいえ、
まだエコー検査で男女の性別の特徴を判断できるほどではありません。

エコー検査で性別が判断できるようになるのは、
早くて妊娠16週目(妊娠5ヶ月目)頃からです。

ちょうどつわりもおさまりかけて、安定期に入った頃です。

男女の性別の特徴がよりはっきりと診断できるようになるのは、妊娠24週目(妊娠7ヶ月目)に入ってからです。

出典元:https://www.babys-room.net/1482.html

安定期に入った頃には判断がつくようですね。

▼一姫二太郎ママの実体験!性別の見分け方

性別の見分け方はどのようにしているのでしょうか。

男の子の場合、胎児の太ももの間にピーナッツのような突起物を確認することができます。
エコー写真で突起物を確認した場合は、100%に近い確率で男の子だと診断できます。

女の子の場合は、男の子の特徴である突起物はなく、
太ももの間に木の葉のようなものが見えます。

また、女の子の場合は、子宮と膀胱がふたつの黒い点としてエコー写真に写ります。
男の子の場合は、膀胱だけですので、黒い点はひとつになります。
ただし、エコー検査時の胎児の位置や向きによっては、診断が難しい場合があります。

お尻を向けていたり、足を閉じていたり、
股の間に手を挟んでいたりすると、赤ちゃんの性器を見ることができません。

出典元:https://www.babys-room.net/1482.html

男の子は「ピーナッツ」。
女の子は「木の葉」で見分けるとのことですね。

▼一姫二太郎ママの実体験

みけママの実体験をお伝えさせて頂きます。

・女の子の場合

なかなか見せてくれず、生まれてくるまでわかりませんでした!
ただ6ヶ月ぐらいの時には、「木の葉」に見えるので7割方女の子ではと言われていました。

周りのママ友の話を聞いても女の子の場合には、性別を断定されるのが遅く、早くても6ヶ月を過ぎてから断定されているように思います。

・男の子の場合

妊娠12週(4ヶ月)の妊婦健診の時に判明しました。
エコーを確認すると「ピーナッツ」がバッチリ写っていました。
医師からは小さすぎるのでもしかしたら違うかもしれないけど、と言われましたが、みけママはこの時「絶対に男の子だ!」と確信しました。

男の子の場合は見えればわかりやすいので、みけママだけに関わらず、ほかのママ友の話を聞くと、判断がつくのが早いように思います。

▼まとめ

現在はエコーの精度も上がってきてますので、高確率で生まれてくる前に性別がわかります。
もしかしたら、希望と違う性別場合もあるかもしれませんが、どちらの性別であっても、それぞれに良さがあり、やはり我が子はかわいいものですよ!

にほんブログ村 子育てブログへ
クリックお願いします!にほんブログ村

人気ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いいたします。

コメント

この記事を書いた人

体外受精を経て、娘と息子を年子で出産。
育休を早々に切り上げフルタイムで奮闘するも会社の在り方に絶望し「うつ」に。
半年の休職期間を経て、転職に成功!
フルタイムで自由に営業やれて楽しい!と思いきや、とんでもねぇクソ会社だった!
また転職活動やってます。。。

三田をフォローする