Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

働くことに迷わないで!ワーママが仕事と育児の両立にこだわる理由とそのメリット!

スポンサーリンク

こんにちは。

年子を抱えながら、フルタイムで働くワーママのみけママです。

保育園の入園通知が届いて本当に復帰しようかどうか悩んでいる方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、みけママがなぜワーママであることにこだわるのかについて綴らせて頂きたいと思います。

私の考えをお伝えすることで、少しでも子供がいながら働くことを前向きに捉えて頂けたらと思います。

スポンサーリンク

▼なぜワーママ?「夫と平等に育児をしたい」

一番の理由はこれです。

私の夫はまだ付き合っている時から、将来子どもができた時には定時に上がって、夕方は子供と遊びたい。

そう話していました。

まだ学生だった私は、そういう夫と結婚して幸せになるには、共働きでお互い対等に稼いで、平等に家事育児をするスタイルがいいだろうと思いました。

そのため新卒の就職活動も、仕事と育児の両立ができそうで、かつ男の人と対等に稼げるところに絞って行っていました。

現在も年収はほとんど変わらず、お互いにほぼ定時に上がり、2人で協力しながら、家事育児をしています。

おかげで夫婦間で不平等感が生まれず、協力しあうパートナーとして仲良くいられているのかなと思っています。

▼なぜワーママ?「夫が働けなくなった時のため」

みけママはうつで休職をしていますし、その前は子宮内膜症の手術で長くお休みをしています。

今までは私が体調を崩すことが多かったですが、いつ夫が倒れるかもわかりません。

いざという時は私一人でも家計を支えられるように、仕事を継続し、経験とスキルを身につけ、給料も上げていきたいと思っています。

またよく共働きだとお金遣いが荒くなるでしょ?などとたまに言われるのですが、私はどちらかが働けなくなるということも想定しているので、家のローンもどちらかだけでも返せる額にし、普段の生活もどちらかの収入でやっていける水準にしています。

スポンサーリンク

▼なぜワーママ?「夫との離婚も想定」

みけママは両親の離婚を経験しています。

夫とずっと一緒にいたいとは思いつつも、それが絶対ではないということも常に頭の中にあります。

また両親の離婚を経験してるため、離婚のハードルはかなり低いです。

もし夫のことを嫌いになった場合には即離婚だと思っています。

嫌いな人と暮らして消耗することはしたくないと思っているからです。

▼なぜワーママ?「母たちの背中に追いついたい」

私の母や両祖母は皆、働きながら家事育児をしていました。

なので、私にとって女性でも働くことは当たり前でした。

また母たちはそれぞれに上手く両立させていたので、私もきっと上手くやってみせる!という気持ちもあります。

▼まとめ

それぞれに働く理由はあるかと思いますし、働きたくなくても働いてるという方もいるでしょう。

ですが、夫婦で働くということはメリットもあり、万一のためのリスクヘッジにもなります。

ぜひ働くことに前向きに考えてみてください。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いいたします。

 

コメント

この記事を書いた人

体外受精を経て、娘と息子を年子で出産。
育休を早々に切り上げフルタイムで奮闘するも会社の在り方に絶望し「うつ」に。
半年の休職期間を経て、転職に成功!
フルタイムで自由に営業やれて楽しい!と思いきや、とんでもねぇクソ会社だった!
また転職活動やってます。。。

三田をフォローする